スピリチュアルや音叉ヒーリングも扱う大阪の整体師のブログ

エネルギーの掃除1 ネガティブエネルギーも美しい←今ここです

エネルギーの掃除2 なぜ人はネガティブエネルギーを持つのか?

エネルギーの掃除3 自分の掃除

相手のネガティブなエネルギーに対して

『本人がそれに対してどう頑張ってるかまで見る』と、
相手はその事を受け入れられるけれども、

『あんた、こんな悪いもんあるで、だからあかんねん。』
という気持ちでは、相手は心を閉ざします。

この、どう頑張っているか見るの「見る」は
リーディング能力やチャネリング能力で見る事ではありません。

あくまで受け止め方です。
ヒーラーにとってまず大事なのは、いかに情報を読み取るか?よりも、
読みとった事をどう受け止めるか?だと思います。

オーラの中に刺さっていたり、巻きついていたり、
手かせ足かせ等の異物や、
濁った色、黒っぽい色、チャクラの詰まり・・・・
それらは、怒り・悲しみ・嫉妬・恨み・思い込み・トラウマ・こだわり、
もしくは単純に体の冷えや肉体の病気・疲れ等々。

本人とっては無い方が楽(あるとしんどいもの)
=ネガティブエネルギーと表現する事にします。

オーラやチャクラの中にも、
愛・思いやり・喜び・希望などのエネルギーももちろんあって、
それらはオーラを濁りのない鮮やかな色にするし、本人や周りを楽にする。
=ポジティブエネルギーと表現する事にします。

しかし。
ネガティブもポジティブも、
本人を楽にするかしんどくさせるかの
違いだけであって・・・

どちらも光である事には変わりなく、
神聖なものであり、価値は全く同じである、と思います。

私が見ているオーラはすべて美しいからです。

単純に「色」ということで考えてみましょう。

鮮やかな色だけが美しくて、
中間色や、薄い色、濃い色、くすんだ色、濁った色、
黒っぽい色、茶色っぽい色が、
美しくないわけでは無いのと同じです。

オーラの中で刺さってたり、巻きついていたり、
チャクラの中でドロドロしてたり、
固い壁とか、ガラスの破片みたいなのも、

いろいろ見ていますが・・・

実は全部キレイなのです。
美しいのです。

どんなにそれが本人を苦しめていたとしても。

エネルギーの掃除1 ネガティブエネルギーも美しい←今ここです

エネルギーの掃除2 なぜ人はネガティブエネルギーを持つのか?

エネルギーの掃除3 自分の掃除

清風ヒーリング整体院 吉田淳香 
公式サイト(ホームページ) |メニューと料金 |地図

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。