スピリチュアルとか催眠療法のことなどを書くヒーラー整体師のブログ

大阪強み発掘キンコンカンの会


●心と体とお笑いby大阪のヒーラー整体師

●心と体とお笑いby大阪のヒーラー整体師

(蔦田さんとこから写真かりました)
先日、大阪強み発掘キンコンカンの会に行ってきました。

大阪で松原靖樹氏 の「中心軸セミナー」を受けた後の有志が集まり、
自他の強みを発掘するのに協力しあう会です。

強みとは、努力しなくてもできてしまう事で、
自分ではできて当たり前と思い他人もできると勘違いしているので
意外と自分ではわかりません。

大阪強み発掘キンコンカンの会では
もちろん自分でも考えるのですが、他人にも客観的にみて貰います。

今回は、強み発掘の先生である松原靖樹氏が、同席&指導して下さいました。

行って良かった事は…

●自分の強みだけでなく、他人の強みの見方も人それぞれで、
それぞれの個性的な見方も、松原靖樹氏の専門的な見方も
「ほ~そう見るのか~」という勉強になりました!

●私の分析について

★私の強みと思うものを自分で書きだしたものを
皆さんが客観的に見てまとめて意見を下さいます

自分でも思っていた通りの事もけっこうありましたが、新しい発見もありました。

一個だけ、自分ではまったく思っていなかった事で
全員から、これが「強み」と言ってもらった事があります。

自分では苦手と思っていた事です。

頑固な私はいまだ納得できません。

それは「身体感覚」です。

ダンス習っていても整体習っていても合気道習っていても、
勘が悪く、人一倍覚えが悪かったんだぞ?????

仕事のために使える体にするための努力は、
やむを得ずするけど、最低限だし、かなり苦痛だし。

一般の中では強い方で、専門(優れた人たち)の中に入ると、
そうでもない程度の小さい強みって事かな?

こんなん書くと、ま~た比べてるとか突っ込まれるんだろうな、

でも強みとは「最初から、自分だけが優れている、できてしまう事」なんでしょ?

体育の成績は1。

体使う系はいっつも落ちこぼれだったのに強みとは思いにくい…

「身体感覚」のとらえ方が間違ってる???

★松原靖樹氏の分析を受けられてよかった

・読み書きに関すること

=なるほど、自分の書きだした過去の出来事を見たら、

なるほど、そうや!    これは初めての視点

・音に関すること=まあね、過去も今もそうやね(本人的にはあまりおもしろくない)

・前半(過去の部分)と、後半(仕事に関する部分)の書き方の違い&

書き方から見た私の問題点を指摘され、考えさせられました。

強み(最初からできた事)と能力(努力して身につけた事)は違うのに
一緒にして書いていた反省点もあり、
帰ってから、後半部分を視点を変えて書きなおしたら、新たな気づきもありました。

なぜ?私は最初からこれを書かなかったのか?

ひょっとしてこっちのほうが凄い事?とか
最初から書かなかった理由を追及するとなんかブロックでてきそう…かも…。

自分の強みを知ることは、自分の弱みをする事でもあり
他人の弱みを知ることでもある。

と、思った。

「他人の弱みを知る」とは

自分の強みはなかなか強みとして認識されない
(誰にでも出来る事と自分で勘違いしている)が、

実は私だからこそできているとわかれば、
他人に「出来てあたりまえでしょ?」と思わずにすむので
かえって思いやりのある行動がとれる、ということも再確認。

清風ヒーリング整体院 吉田淳香 
公式サイト(ホームページ) |メニューと料金 |地図

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。