スピリチュアルとか催眠療法のことなどを書くヒーラー整体師のブログ

信頼している師匠や、チャネラー、ヒーラーの言葉は
今日・明日どうしたら良いか?というヒントにも、なります。

場合によっては人生が変わります。
気づきの手助けにもなります。

瞑想やヒプノで、ハイヤーセルフや過去世からなどのメッセージを受け取るのも
同じく。

腑に落ちたら役に立ちますし、
腑に落ちなくて、役に立たない場合もあります。

本当は腑に落ちていないのに、落ちたと思いこんで、
頭だけで信じて、かえっておかしなことになっている場合も
時々あるようですけども。
(スピリチュアルは諸刃の剣です)

腑に落ちる場合でも、
頭からやってきて
『胸』に落ちる感じです。
『腹』までは…あるかもしれないけど少ない…かもです。

それはそれで素晴らしい事なのですけれども
本当に自分が知りたい本質的な部分に関しては…

頭からやってきて
胸にや腹に落ちるのではなく、
胸から湧いてくるものでもなく、
中から(お腹から)
先に湧いてくるものが大切なように思います。

「腑に落ちる」というのは「落ちる」つまり上から下なのだけれども
逆方向です。

それは、知識(誰かに聞かされて信じる事)でななく
体験(経験とは少し違います)として、事実や本質に繋がるように思います。

記憶…というのもあてになりません。
最初の記憶自体、一面からしか見ずに偏って受け取めた事を記憶し
さらにその後、人間の脳は、自分に都合よく記憶を書き換えるようにできているので
記憶=事実ではないからです。

(毎日の施術中のお客さんとのやり取りの中で、その証拠はたくさん…
そこに気づいて頂き心境が激変した結果、今後が変わる事も多いです)

あ、話がそれてしまってすいません。

というわけで私は時々。
知識でも、記憶でもなく、
事実(真実とか本物とはたぶん違います、事実。かな)に触れるために
2年に1回くらいの割合で

専光坊というお寺

●心と体とお笑いby大阪のヒーラー整体師

に座禅などしにいくのですが
今回、そろそろ、その時期がやってきたようです。

最近、見近な人の死が2つも続いた事もあって、
チャンスというか今行かなあかん、という流れが来ました。

自分自身の生と死について、
なんらかの体験をしてきます。

答えが出るか出ないかではなく、駒を進めて参ります。
行ってきます。

清風ヒーリング整体院 吉田淳香 
公式サイト(ホームページ) |メニューと料金 |地図

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

この記事と同じカテゴリーの人気記事です

まだデータがありません。