スピリチュアルとか催眠療法のことなどを書くヒーラー整体師のブログ

yukari20


病気との和解<アトピーの人との会話=前編> より続き

先日初診のアトピーのお客様との会話

お客様
「アトピーさえ治れば、
食事に気をつけたり、いろいろしんどい事をせずに、楽に生きられるのに。」


「いえいえ。それは違います。
治そうとする期間は、確かにいろんな事をある程度、徹底して試したり、
徹底して実行したりしなくちゃいけないかもしれないし、
治ってしまえば、ある程度は、そのいろんな事は
多少は緩めて良い面はあるけれども。

治ったからと言って、完全に元の食生活や生き方などに
戻して良いわけがありません。

すると又同じ事が起こるでしょう。

アトピーその他の病気や今の自分にとって都合の悪い事というのは、
ご本人の食生活や生き方などに対して、
何らかの気づきや変化や成長をもたらす

プレゼント、メッセージ、お知らせ、だからです。
意味や理由があるのです。
それらを本人がしっかり受け取め、用時が済んだら去るのです。

その用事、というのが人によって様々なのが、
人間は単純では無い、という部分なのですけれども。

去ったからと言って、そのメッセージを
放り投げてしまったんでは、元の木阿弥です。

というか、それって病気が去ったらメッセージを手放そう、

と最初から思っているって事と同じです。

つまりメッセージを受け取る気が無いのと同じ。
ゆえに、受け取れない。ゆえに去りにくいですね。

それともう一つ。

逆ですよ。

アトピーや病気のあるまんま、
心が楽に生きられるようになったら、
アトピーは去る事があります。

あるいは、生まれる前に一定期間それを体験すると決めていた場合、
時間がかかる事はありますが、その期間が短縮されたり、
アトピーがあっても問題ない人生になります。

どんな事があろうと平安な気持ちでいられる人になる事は難しいが、
そこに徐々に近づいて行く事…

たぶんそれが、生きている目的だからです。

病気さえ治れば楽に生きられる、
と病気を嫌っていたり、今、心が楽でないのを病気のせいにして、
自分をかわいそう、と思っているうちは、逆に、治りにくいようです。」

お客様
「でも健康だったら、しんどい思いして食事に気を使わなくても、
体が自然に良いものを欲して、体に悪いものを欲してしまったりしないでしょ?」


「あのう。それならば、世の中に成人病や
生活習慣病は、もっと少ない筈ですが?
皆さん、健康というか症状が無い時に、
体の許容範囲を超えて合わない飲食をしたり、
体や心を酷使したりしているからこそ、
後から『あれれ?』となるのでは?」

お客さん
「あ!なるほど。そうですよね。」

清風ヒーリング整体院 吉田淳香 
公式サイト(ホームページ) |メニューと料金 |地図

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。