スピリチュアルとか催眠療法のことなどを書くヒーラー整体師のブログ

他人の念の影響を受けている場合


●大阪のヒーラー整体師150cmの等身大

 
自分以外の誰かの思念の影響を受け、
心身がしんどくなっている事が、あります。
生霊とか念とか言われるものです。

そういうとオドロオドロしいですが
無意識に飛ばし合っていて、
受けるということは自分も飛ばしていたりします。
非常によくある事です。

実は親子や夫婦などでも結構、多いようです。
そんな時は飛んで来ている念そのものをどうにかしても
またご本人に戻って来てしまいます。

それより、ご本人側に共鳴してしまう、
影響を受けるネガティブな要素があるからと考え、
ご本人にカウンセリングし、ご本人がその要素に気づいて
視点を変える事ができれば解決する場合が多いです
(念の影響を受けなくなります)

★例えば…親が子に心配しすぎの念を投げているのが
子にとって心身に悪影響を及ぼしている場合があります。

子の側で共鳴してしまうネガティブ要素とは、
親に認めて貰えない悲しみや怒り、自信を無くしている、
あるいは子の側が心配して貰う事を心のどこかで良しとしている。
あるいは子も親を心配し過ぎている等。

そんな場合は…子が、親に心配するな!と
バリヤーを張って対抗するエネルギーを持つと、
ますます相手のエネルギーは強くなり、
ご本人もバリヤーを張る事に消耗してしまいますから…

どうぞ好きに思って好きに言っていて下さい(相手を認める)
ただし私は影響を受けないし言いなりになりません(自分も認める)

ご本人が…親が自分を認めてくれても認めてくれなくても
どっちでもいいや、自分は自分を認めよう、
親に対しては認めてくれない事を怒るよりも
自分のために親がしてくれた過去のさまざまな事に感謝し、
自分が親を認めよう…

子がそのように思うと、親の念の悪影響は受けなくなります。

★それ以外の例では…誰かから怒りや恨みの念を飛ばされている時は
ご本人にも相手の方へ見下しや怒りが無いか?等を聞いて行きます。
(たいていは本人も相手に飛ばしている事が多いです。
お互い無意識でやっている事なのでわかりにくいですが)

あるいはその方に対してでなくても、
ご本人に何かしら共鳴する要素がある場合が多いようなので
その要素を探して向き合って頂く方向で考えています。

その上で、相手を許して相手の幸せを祈りましょう、とお伝えし、
ご理解いただけた場合は、相手の念の影響がスルッと外れたりします。
その時に、痛みや違和感が瞬時に無くなる事もあります。

(痛みの原因が、誰かの念の影響プラス
食生活や身体の使い方等他の原因と複合している場合は
それだけではゼロにはなりませんが軽減はするようです。)

いろいろな方法があると思いますが、
私は誰かの念の影響に対してはそんなふうに考えております。

 

清風ヒーリング整体院 吉田淳香 
公式サイト(ホームページ) |メニューと料金 |地図

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。