Welcome to Delicate template
Header
Just another WordPress site
Header

当院院長が独断で選んだ『心と体のための本』


どんな本も、一冊の中の、全てが真実とも、すべてが個人に合うとも思いません。
丸ごと妄信する必要は無いと思いますが、役に立つ所があれば幸いです。

 hon3-100-147 『賢い人は早く治る!知らない人は治らない』BABジャパン出版<当院院長から>毎年、夏の朝になると頭痛がするという人がいました。
著者のたった一言で解決しました。さて著者は、なんと言ったのでしょう?
 hon2-100-141 医者と薬に頼らない病気の「本当の治し方」世古口裕司著<当院院長から>無意識と体の関係や、シャンプーと生殖器の関係など、
たいへん勉強になりました。
 hon1-100-144 『 この本を読んでから建てよう 』 山本順三著<当院院長から>冷やさない生活は健康の元です。
そのためには外からの熱を遮断することは重要ですが、
さて、そのために必要なカーテンの長さとは?
 hon4-100-142 『 人生は廻る輪のように 』 エリザベス・キューブラー・ロス著<当院院長から>人が死んだらどうなるか?
精神科医の著者が、末期患者と多数関わり
臨床のなかで研究された事が書かれています。
それと、凄まじい困難を次々と乗り越えた著者の生き方に感動します。
<内藤寿七郎先生の本リストぺージ>
アマゾン   全国書店ネットワーク e-hon   セブンアンドワイ
<当院院長から>すべての幼い子を持つお母様にお薦めです。
当院院長が100冊以上の育児書を読んだ中で一番良かった本
現実的に大きく助けられたのが内藤先生の書籍です。
ニ歳が特殊な年齢であること、どう扱えばよいかは本当に目からウロコです。
『 三つ子の魂、百まで 』というのは 三才までという意味ではなく、
数えでいう三才、つまりニ才の一年間の事だそうです。
 hon4-100-142 『 過去世リーディング 』高江洲薫著<当院院長から>ヒーラー養成スクールに行っていた時の
師匠の本です。魂は生まれる前も死んだ後も続いていて…
どんな仕組みやパターンになっているのかということを知ると、
いま起きていることの「なんでやねん?」が軽減し
生きやすくなると思います。