1. ホーム
  2. ≫院内の様子(一階)

院内の様子(一階)

当院は2005年より平野で開院していましたが
2016年10月に移転してきました。
施術は主に二階で行いますが、まずは一階の様子から。


二階建ての古民家です。築大正8年のリノベーション物件です。


玄関は広いです。


天井が古い大きな木で癒されます。

奥に写っている掛け軸は2000年に専光坊というお寺の
老師様から頂いた貴重なものです。
ずっとしまってありましたが、2016年の移転を機に飾りました。

当院は生玉神社の御神域であり土地の波動がとても高いのに加えて、
部屋の波動をさらに良くする工夫をいろいろしてありますが、
この掛け軸もその一つです。
敏感な人がこの掛け軸の前に座るととても気持ちが良いと言って下さいます。

「倶会一処(くえいっしょ)」(ともに一処に会する)
阿弥陀経の中の尊いお言葉。
仏様に御縁が深く仏様の慈悲に包まれている物はこの世で常に守られまた次の世では極楽浄土に生まれて仏様・菩薩様・ご先祖様や親しい人たちが皆集まってきて仏様の前で再び出会うとお経に書かれているのです。最後の審判はなく皆とても仕合せなのです。どうか仏様といよいよ深くご縁を結んでください。


このテーブルでカルテなどを書いて頂きます。


当院の一階ではコップのフチ子さんがそこら中で遊んでいます。


昔ながらの急な階段ですみません。
手すりもあるのでゆっくり上がって下さいね。
お体の状態によって階段を上がりたくない方は
一階で施術させて頂きますのでご安心くださいませ。
二階へ上がる

この記事に何か感じるものがありましたら、下記からFB、ツイッター、ラインでシェア・保存・ツッコミをお願いします。