Welcome to Delicate template
Header
Just another WordPress site
Header

どのくらい通えば?


どのくらいの間隔で、どのくらいの期間を通えばいいですか?
というご質問に対して

 まず、目標に達するまでに、いくつかのパターンがある事をご説明いたします。

【 帰られてから、さらに良くなるパターン 】 【 一回で解決パターン 】
pi3-194-150 pi4-154-150 pi5-114-150
●施術

帰ってからさらに良くなった
という、ご報告を頂く事があります。
それは、あなたがあなたを治す・変えるという働き…
それを妨げているものを解除するという考えで
施術をするからです。

私があなたを治す・変えるのではなく、
あなたがあなたを治す・変えるのです。
その働きとは、あなたの自然治癒力、意志力、
スピリチュアルな事すべて含めてです。

●アドバイス

施術でよくなっても、
帰られてから原因となる負担をかけ続けていては、
また悪くなってしまいます。

また悪くならない、むしろ良くなっていくために
何をやめたら良いか?何をしたらいいか?
ご本人の気づかない部分を一緒に探し、
手取り足とりご説明させて頂きますので、

あなたが行動を変えられた結果、次に来院される時に、
さらに良い状態になっている事に気づかれるでしょう。

つまり、あなたの行動や意思によっても、
目標に達するまでに通う回数や期間は、変わるということです。

 

原因が単純な場合や、
あなたが大きく気づかれた場合は一回で解決する時もあります。※過去の事故のショックのエネルギーが、
痛みや苦しみの原因になっている場合などは、
そのエネルギーを除去する事で、一回で完全に解決する事も多いです。

 

 

【 帰られてから、少し戻るけれども、
その前よりはマシな状態で
次の施術を受けるパターン 】
【 施術を受けた時はいいが、
帰られてから、元に戻って
繰り返しのパターン 】
pi2-250-150 pi1-250-150
多くの治療院でよくされる説明だと思います。
当院でもこんなふうに良くなって行かれる方も
いらっしゃいます。痛みや苦しみの期間が長いと
戻ろうとする力が大きい場合が
あるからです。他には、原因が深いもしくは多い場合は
こうして時間をかけて良くなっていくことが
適切な場合があります。目標に達するまでの期間を短くするためには、
完全に元に戻る前に、つまり次回までの間隔を、
あまり開けずに来て頂きたいです。
あきらめていたことが
一時的にでも良くなる体験をする事が
キッカケとして必要な場合があります。ただ当院ではこれを当たり前と
したくありませんので、当院にて専門外と判断した場合は、
お断りする場合や、より適切な所を
ご紹介させて頂く場合もあります。

 

 どのくらいの間隔で、どのくらいの期間、通えばいいか?は・・・・

●解決したい内容によっても違います。

●解決したい内容が同じ…例えばヒトクチに腰痛といっても、
原因が単純な場合、多くて複雑な場合でも変わります。
悪かった期間が長いか短いかでも変わります。

●当院では、ご本人が帰られてから、原因となる負担を減らして頂くように、
提案させて頂くので、それをして頂けるかどうかによっても回数は変わります。

●鬱・不安性神経症・パニック障害などの場合、原因や環境によっても変わりますが、
悪かった期間が長い場合は、時間はかかると思います。症状はそのつど緩和します。

 今までの例

●一度で終わり、次に新たな問題が起こったら来られるという事で
2~3年後、あるいは1年後、半年後に、ひょっこり来られる方もいらっしゃいます。

●来たくなったら来て下さいということで2~3ケ月に一度、1カ月に一度の方もいらっしゃいます。

●ある程度通って頂いた方が良い場合は…
一週間に一回を3~5回通って頂き、あとは次第に間隔をあけて行く場合が多いです。
(その場合は、初回は心と体コースで二回目からは体コースの場合が多いです。
最初から体コースばかりで通院の方もいらっしゃいます。)

あなたの解決したい内容、時間的経済的な事情に合わせてご相談させて頂きます。

下記のお客様の声を、ご興味のある所からご覧いただけましたら
いろいろなパターンの例がおわかりになると思います。