【施術メモ】幼少期を癒すために良かった事を思い出すというのもあります

胎内にいた時の事や幼少期の事などは、
意識では覚えていないことでも、
すでに体験したこととして無意識の中に刻まれているので
催眠療法などによって思い出せる場合が、あります。

現在の問題のキッカケになった出来事や感情を思い出して、
原因や、くり返されているパターンを知ることで
現在の問題にヒントを見つける事ができたり、

過去の辛かったことを癒すことで現実が変わる、
という方法があります。

比較的よく使われている方法で、当院でも時々使います。

(これについては又、日を変えて症例を書く予定ですが)

ところが、実はですね。

yukari38

幼少期を癒すために、
楽しかったこと、幸せだったこと、愛されていた事を思い出す
という方法も、あるのです。

胎内にいたときや、とても小さい時のことは普通は忘れてしまっていますが
無償の愛を受け取ることが多いのはこの時期だったりもします。

また、大きくなってからの覚えているつもりの事でも…
人間の脳というのは
良くしてもらったことが小さくなり
傷ついたことが大きくなっている傾向にあります。

記憶と事実が異なる場合も多いです。

あれ?実は愛されていた?
自分が認識不足なだけだった?
って事に気がつくと、今の自分が変化する場合も
大いにあります。

同じカテゴリーの記事

  1. 【施術メモ&お客様の声】宝物なんだけど手放す&ざわざわした感じがなくなった
    カテゴリー:
    タグ:,,,
  2. 【施術メモ】心も関連していた乳房の痛み
    カテゴリー:
    タグ:,
  3. 【お客様の声&施術メモ】サロン経営者様へ体の使い方のご指導&お金に関するブロック外し
    カテゴリー:
    タグ:
  4. 芝居にフォーカシングが活かせた症例
    カテゴリー: カテゴリー:
    タグ:

同じタグの記事

  1. 【お客様の声】背骨の痛み&恐れ&いろいろ気づいた
    カテゴリー:
    タグ:,
  2. 【受講者アンケート】インナーチャイルドの癒しもあって知りたい事がわかりました
    カテゴリー:
    タグ:,
  3. 【 受講者の声 】音叉と催眠療法の併用で、人が変わるさまを見ました
    カテゴリー:
    タグ:,,
  4. 催眠療法で過去を扱うのはトラウマや傷だけではなくリソース(資源)の場合もあります
    カテゴリー:
    タグ:,